連句入門 蕉風俳諧の構造

講談社学術文庫
レンクニュウモンショウフウハイカイノコウゾウ
著:安東 次男 解説:向井 敏 装丁:志賀 紀子 装丁:蟹江 征治
連句入門 蕉風俳諧の構造
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

発句以下長・短句(五七五・七七)を交互に連ねて三十六句で巻き終える歌仙こそ、蕉風俳諧の核心をなすものである。永年『芭蕉七部集』に親炙(しんしゃ)し、連句の実作をも重ねてきた著者が、「冬の日」「猿蓑」「炭俵」の世に言う蕉風三変の代表歌仙を素材に、詩心と詩心が切り結ぶドラマの場としての連句の興趣を再現する。絶妙の挨拶・会釈・笑いに充ちたスリリングな知的ゲームの醍醐味を伝える、安東芭蕉学の会心作。

目次

  • ・連句作法
  • ・恋は歌仙の花
  • ・後の月の恋
  • ・夕顔の恋余聞
  • ・連句の興の起るとき、其一
  • ・連句の興の起るとき、其二
  • ・連句の興の起るとき、其三
  • ・深川のあじさい
  • ・評釈・はつ雪の巻(「冬の日」)
  • ・評釈・夏の月の巻(「猿蓑」)

製品情報

製品名 連句入門 蕉風俳諧の構造
著者名 著:安東 次男 解説:向井 敏 装丁:志賀 紀子 装丁:蟹江 征治
発売日 1992年12月04日
価格 定価:898円(本体816円)
ISBN 978-4-06-159054-0
通巻番号 1054
判型 A6
ページ数 302ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る