明治維新と日本人

講談社学術文庫
メイジイシントニホンジン
著:芳賀 徹 その他:蟹江 征治 装丁:千葉 雅哉
明治維新と日本人
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

幕末明治の日本人は、襲いかかる西洋文明の大波に、どう対応したのだろうか。また、欧米列強に伍して国を立ち行かせるために、どう苦心したのだろうか。著者は、“比較文化”という視点から明治日本の「近代化」現象を透視し、清新な史眼と溌刺たる文体とによって、幕末維新史の類(たぐい)稀れな見取図を描き出すことに成功した。ことに維新・「近代化」の根源に、幕末明治日本人の「『内発的』な要請」を見出し、論証し、従来の通説を一歩深めた。

目次

  • 1 夜明けの日
  • 2 おろしやからの使節
  • 3 鼓動作新
  • 4 くずれゆく旧体制
  • 5 争乱の幕あけ
  • 6 海外への冒険者たち――大君の使節と留学生
  • 7 公武合体と尊王攘夷
  • 8 王政復古への道
  • 9 御一新――破壊から創造へ
  • 10 「行ケヤ、海ニ火輪ヲ転ジ……」
  • 11 「牛鍋」と「光線画」--文明開化期の民衆
  • 12 啓蒙の旗手たち--福沢先生と明六社のひとびと
  • 13 薩摩の二人――大久保と西郷
  • 14 東洋のルソー――国権と民権
  • 15 東洋の新帝国へ

製品情報

製品名 明治維新と日本人
著者名 著:芳賀 徹 その他:蟹江 征治 装丁:千葉 雅哉
発売日 1980年06月06日
価格 定価:1,265円(本体1,150円)
ISBN 978-4-06-158479-2
通巻番号 479
判型 A6
ページ数 352ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る