講孟箚記(下)

講談社学術文庫
コウモウサツキ
著:吉田 松陰 その他:近藤 啓吾
講孟箚記(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「吾(われ)幽囚の罪人と雖(いえ)ども、悪んぞ国家の衰乱、夷狄(いてき)の猖獗(しょうけつ)を度外に置くを忍びんや」、国家の多難を前に、国の運命を担う責務から逃避する道はない。獄中にあれば獄中の人として、これに参ずる道を発見せずんば止まぬ21回猛士吉田松陰は、「余が一室に幽囚して、広大を致す如きは、学の力のみ」と、遂に『孟子』の全講を終えた。行動力の人であると同時に天性の教育家だった彼のこの情熱が『箚記』の紙表に溢れて、人の心を打つ。

目次

  • 十二月二十四日
  • ●巻の四 上
  • 三月二十一日
  • 三月二十二日
  • 三月二十三日
  • 三月二十五日
  • 三月二十六日
  • 三月二十八日
  • 四月三日
  • 四月七日
  • 四月十五日
  • ●巻の四 中
  • 五月十四夜
  • 五月十七夜
  • 五月二十夜
  • 五月二十三夜
  • 五月二十六夜
  • 五月二十九夜
  • ●巻の四 下
  • 六月初四夜
  • 六月初七夜
  • 六月十夜
  • 六月仲三夜

製品情報

製品名 講孟箚記(下)
著者名 著:吉田 松陰 その他:近藤 啓吾
発売日 1980年10月07日
価格 定価:2,233円(本体2,030円)
ISBN 978-4-06-158443-3
通巻番号 443
判型 A6
ページ数 646ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス