古今和歌集(一)

講談社学術文庫
コキンワカシュウ
その他:久曽神 昇
古今和歌集(一)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

『古今集』は、国文学史上、殊に和歌史上における最重要作品の一である。『万葉集』および『新古今集』と共に三大歌集と称さる。万葉の素朴直感的表現より、古今の優美情趣的表現となり、更に新古今の妖艶幽玄的表現に進展するのである。以来数百年の間、専ら『古今集』が歌の最高規準と尊ばれ、すべての歌が諳誦せられ、片言隻句も金科玉条と仰がれて来た所以を探り、素朴直感的表現にとどまらず、その真髄を闡明(せんめい)したいものである。

目次

  • 仮名序
  •  1.本質論
  •  2.効果論
  •  3.起原論
  •  4.歌体論
  •  5.変遷論
  •  6.二歌聖評
  •  7.万葉集撰集
  •  8.六歌仙評
  •  9.古今集撰集
  •  10.撰集後抱負
  • 巻第1 春歌上
  • 巻第2 春歌下
  • 巻第3 夏歌

製品情報

製品名 古今和歌集(一)
著者名 その他:久曽神 昇
発売日 1979年09月06日
価格 定価:902円(本体820円)
ISBN 978-4-06-158432-7
通巻番号 432
判型 A6
ページ数 215ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る