古事記(上)

講談社学術文庫
コジキ
その他:次田 真幸
古事記(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

大和朝廷が史書として編纂したわが国最古の古典。上巻にはイザナキ・イザナミ二神の国生み、天照大神・スサノオノミコトの葛藤、天の岩屋戸、ヤマタノオロチ退治などのなじみ深い物語が多い。古代国家の統一と成立のかげで、素朴で明るい古代人の人間像が、おおらかに記述されている。神話・伝説であり、文学であり、歴史である古事記には、われわれ祖先のエネルギーが満ちあふれている。〈全三巻〉

目次

  • はしがき
  • 1 古事記序
  •   1.古伝承とその意義
  •   2.天武天皇と古事記の企画
  •   3.太安万侶(おほのやすまろ)の古事記撰録(せんろく)
  • 2 古事記上巻
  •   1.天地(あめつち)の初め
  •   2.伊邪那岐命(いざなきのみこと)と伊邪那美(いざなみの)命
  •     1.淤能碁呂島(おのごろしま)
  •     2.二神の国生み
  •     3.二神の神生み
  •     4.火神迦具土神(かぐつちの)
  •     5.黄泉国(よみのくに)
  •     6.禊祓(みそぎはらへ)と三貴子
  •   3.天照大御神(あまてらすおほみかみ)と須佐之男命(すさのをのみこと)
  •     1.須佐之男命の神やらひ
  •     2.二神の誓約(うけひ)生み
  •     3.天(あめ)の石屋戸(いはやど)
  •     4.大気都比売(おほげつひめの)神
  •     5.八俣の大蛇(をろち)
  •     6.須佐之男命の神裔(しんえい)
  •   4.大国主神(おほくにぬしのかみ)
  •     1.因幡の白兎
  •     2.八十神(やそかみ)迫害
  •     3.根の国訪問
  •     4.八千矛神の妻問い物語
  •     5.大国主神の神裔
  •     6.少名毘古那(すくなびこなの)神と御諸山の神
  •     7.大年神の神裔
  •   5.葦原中国(あしはらなかつくに)平定
  •     1.天菩比神(あめのほひめ)と天若日子(あめのわかひこ)
  •     2.阿遅志貴高日子根(あぢしきたかひこねの)神
  •     3.建御雷(たけみかづちの)神と事代主(ことしろぬしの)神
  •     4.建御名方神
  •     5.大国主神の国譲り
  •   6.邇邇芸命(ににぎのみこと)
  •     1.邇邇芸命の生誕
  •     2.猿田毘古(さるたびこの)神
  •     3.天孫の降臨
  •     4.猿田毘古神と天宇受売(あめのうずめの)命
  •     5.木花之佐久夜毘売(このはなのさくやびめ)
  •   7.火遠理命(ほをりのみこと)
  •     1.海幸彦と山幸彦
  •     2.海神宮(わたつみ)

製品情報

製品名 古事記(上)
著者名 その他:次田 真幸
発売日 1977年12月08日
価格 定価:968円(本体880円)
ISBN 978-4-06-158207-1
通巻番号 207
判型 A6
ページ数 214ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス