芭蕉入門

講談社学術文庫
バショウニュウモン
芭蕉入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

この道や 行く人なしに 秋の暮
松尾芭蕉はひたすらに俳諧の道を追求した人だった。芭蕉の芸術の完成までにはいくつかの曲折があった。はなやかな機知で世間の人気を集めた時期もあり、世俗への反抗心から固苦しい作品を作った時期もある。本書は芭蕉の人生行路をひとつひとつの句を追って描いている。芭蕉の俳句への入門書であると同時に、ひとりの男の生き方をも描く、芭蕉研究の第一人者による書きおろし。

目次

  • 1 芭蕉までの俳諧
  • 2 連句の詠み方
  • 3 芭蕉の生いたち
  • 4 江戸で俳諧宗匠になる
  • 5 深川隠退と蕉風の樹立
  • 6 『野ざらし紀行』の旅へ
  • 7 帰郷
  • 8 『冬の日』の歌仙成る
  • 9 江戸での風流自足
  • 10 俳諧隠者として名声があがる
  • 11 『笈(おい)の小文』の旅へ
  • 12 芭蕉の反省と『更科紀行』の旅
  • 13 風流世界の理想図・『奥の細道』
  • 14 『奥の細道』の旅
  • 15 歌枕探訪と不易流行論
  • 16 『奥の細道』の登場人物
  • 17 『奥の細道』の人間と自然
  • 18 『奥の細道』の旅をおえて
  • 19 「行く春を近江の人とおしみける」
  • 20 新しみの追究
  • 21 『嵯峨日記』と『猿蓑』
  • 22 江戸で「軽み」の俳諧を道める
  • 23 終りの旅へ
  • 24 終焉
  • 25 芭蕉略年譜

製品情報

製品名 芭蕉入門
著者名 著:井本 農一
発売日 1977年02月08日
価格 定価:1,012円(本体920円)
ISBN 978-4-06-158122-7
通巻番号 122
判型 A6
ページ数 218ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス