絵の言葉

講談社学術文庫
エノコトバ
絵の言葉
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

絵は言葉である。それ自体に意味を持っている。その意味を読み取る文法と辞書が、「言葉」と同じように「絵」にもある。本書は、古今東西の絵画にそくしつつ、画像の持つシンボリックな意味をどう探り、絵の発するメッセージをどう解読するかを具体的に示しながら、人類社会にとって「絵」とは何か、何でありうるのかという本質的な問題を追求したもの。談論風発、才気煥発の趣のうちに、読む人の絵の見方をおのずと一変せしめる好著。

目次

  • 1 絵は言葉である
  •   1.絵主文従と文主絵従の角逐
  •   2.絵を読むということ
  •   3.アイコノロジーの諸相
  •   4.絵の機能――普遍と特殊・プラスとマイナス
  •   5.言葉のイメージと絵のイメージ
  •   6.絵はインターナショナルではないということ
  • 2 絵に文法と辞書がある
  •   1.西洋絵画に特有の約束事「アレゴリー」の発達
  •   2.自然言語的イメージ文法――地域別・時代別の絵の文法
  •   3.イメージの一般文法および疑似国際語
  •   4.説得の技術としての造形――バロック美術その他
  •   5.イメージ・コミュニケイションの論理操作
  •     ―遠近法・抽象絵画・標識その他
  •   6.イメージ文化の地域性――流行・誤解・選択受容・風土その他
  •   7.日本の場合――潜在的シンポリズムのこと・文化的抵抗力のことなど
  •   8.造形の機能――巨大遺蹟・地上絵・都市・動物形態その他
  •   9.美と自然の関係――美人の基準についての考察をもとに
  • 3 絵と自然のつながりを読む
  •   1.ラスコー型の洞窟壁画とタッシリ型の岩壁画――
  •     発生期の絵の機能と表現形態について
  •   2.イメージとサイン――ものの見える世界と見えない世界について
  •   3.直線と曲線――自然の取りこみ方と絵の独立性について
  •   4.理性的認識と感性的認識――空間把握の深層文法について
  •   5.生と死――色の持つ象徴性について
  •   6.風物と人間――西洋の造形意識の特殊性について

製品情報

製品名 絵の言葉
著者名 著:小松 左京 著:高階 秀爾 装丁:蟹江 征治
発売日 1976年10月08日
価格 定価:836円(本体760円)
ISBN 978-4-06-158074-9
通巻番号 74
判型 A6
ページ数 234ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る