子どもの心理

講談社学術文庫
コドモノシンリ
子どもの心理
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

波多野児童心理学の特色は、発展変化する社会の現実をみすえたうえで、深い洞察と助言を、具体的にわかりやすくのべる点にある。そうした立場から、二十世紀の新しい児童心理学=ピアジェの研究にもとづいて日本の子どもの心を概観し、その「心理的しつけ」の原理をのべたものが本書である。この鳥瞰図の試みは、多元価値時代の教育の方向を模索するすべての親や教師にとって、子どもの心と行動を考える新たな眼を開く機縁となろう。

目次

  • 1 子どもの発達心理
  •   序章.新しい児童観
  •     1.児童観とはなにか
  •     2.ふたつの児童観
  •     3.子どもの心をどうとらえるか
  •   1.発達するとは、どういうことか
  •   2.発達のすがたと原理
  •     1.物の意識が確立していること
  •     2.他人の意識が確立していること
  •     3.発達の原理
  •   3.発達の段階
  •     1.乳児期
  •     2.幼児前期
  •     3.幼児後期
  •     4.小学校低学年期
  •     5.小学校中学年期
  •     6.小学校高学年期
  • 2 子どものしつけ
  •   1.しつけの心理的コツ
  •   2.正直とうそについてのしつけ
  •   3.性についてのしつけ
  •     1.日本の教育者と性
  •     2.性教育の必要性
  •     3.性教育の方法
  •     4.性教育と性の解放

製品情報

製品名 子どもの心理
著者名 著:波多野 完治 その他:蟹江 征治 装画:いわさき ちひろ 装丁:松本 猛
発売日 1976年09月08日
価格 定価:616円(本体560円)
ISBN 978-4-06-158063-3
通巻番号 63
判型 A6
ページ数 145ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る