日本人の生き方

講談社学術文庫
ニホンジンノイキカタ
著:会田 雄次 その他:蟹江 征治 装画:斉藤 寿一
日本人の生き方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「近代」そのものが問われる歴史的転換期にさしかかっている今、日本はその経済力を背景に、国際社会のひのき舞台におどり出た。だが日本は、一流経済国として果すべき義務と責任がわからないままに、世界各国からの風あたりをまともに受けている。このような危機的状況にあって、日本人はどのように対応すべきなのか。戦後、日本人論の嚆矢を放った著者は、日本人の個性を据え直し、国際社会での独自な日本人の生き方を提示する。

目次

  • 1 国際社会の一員として
  •   1.きらわれつつある日本人
  •   2.国際人となるには
  •   3.独自性を生かすには
  • 2 “忙しい”日本人
  •   1.ライオンとサル
  •   2.日本人の日々
  •   3.水いらずの世界
  • 3 あえぐ近代社会で
  •   1.アメリカの苦悩
  •   2.偽善への反発
  •   3.ピューリタニズムとそのいきづまり
  •   4.日本人のユニークな人間観

製品情報

製品名 日本人の生き方
著者名 著:会田 雄次 その他:蟹江 征治 装画:斉藤 寿一
発売日 1976年06月07日
価格 定価 : 本体500円(税別)
ISBN 978-4-06-158047-3
通巻番号 47
判型 A6
ページ数 79ページ
シリーズ 講談社学術文庫

書店在庫を見る