サウンドシンセシス 電子音響学入門

サウンドシンセシスデンシオンキョウガクニュウモン
サウンドシンセシス 電子音響学入門
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

電子楽器やコンピュータを使った新しいサウンドづくりのために。
ディジタルミュージックの教科書。
音の性質やアナログ音響信号などの基本から解説。

目次

  • 第1章 音の構造
  • 第2章 基本的な音響機器とその結線
  • 第3章 ディジタル信号
  • 第4章 シンセサイザによる音づくりの方式
  • 第5章 ディジタル処理による音の合成
  • 第6章 MIDI
  • 第7章 サウンドエフェクト
  • 第8章 電子楽器と電子音響音楽の歴史
  • 第9章 サウンドシンセシスの環境

製品情報

製品名 サウンドシンセシス 電子音響学入門
著者名 著:小泉 宣夫 著:岩崎 真
発売日 2011年03月24日
価格 定価 : 本体3,200円(税別)
ISBN 978-4-06-155793-2
判型 A5
ページ数 224ページ