有機半導体のデバイス物性

ユウキハンドウタイノデバイスブッセイ
有機半導体のデバイス物性
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

有機EL素子、有機トランジスタ、有機太陽電池のデバイス物性が、界面の電子構造やキャリア注入・輸送理論などを含めて詳細にわかる。素子劣化や長寿命化技術、材料に関する情報も豊富な第一線の研究者による待望の書。

目次

  • 1章 有機エレクトロニクスの登場
  • 2章 有機半導体とは
  • 3章 有機/金属界面のエネルギー構造
  • 4章 有機薄膜中でのキャリア輸送
  • 5章 光る有機化合物――有機化合物と光の相互作用――
  • 6章 電流励起による励起子の生成から失活まで
  • 7章 有機EL素子の作製方法と信頼性試験
  • 8章 有機薄膜太陽電池
  • 9章 有機トランジスタ
  • 10章 有機半導体材料と発光材料

製品情報

製品名 有機半導体のデバイス物性
著者名 編:安達 千波矢
発売日 2012年03月22日
価格 定価 : 本体3,800円(税別)
ISBN 978-4-06-154354-6
判型 A5
ページ数 320ページ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス