量子力学1

リョウシリキガク
量子力学1
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

精選された問題を通して理解できる学部学生向け教科書。前期量子論を簡略化し解析力学の基礎を省略する一方、より現代的な構成をめざした。各章に適切な例題と演習問題を付し、読者が自習できるように工夫した。

目次

  • 1 量子論の誕生
  •   1.黒体輻射とエネルギー量子の発見:Planck
  •   2.光電効果:Einstein
  •   3.Compton効果:Compton
  •   4.粒子性と波動性
  •   5.de Broglie仮説とDavisson-Germerの実験:de Broglie
  •   6.原子スペクトルの量子化:Bohr
  •   7.章末問題
  • 2 Schrodingerの波動方程式
  •   1.重ね合わせの原理と波束
  •   2.Schrodingerの波動方程式
  •   3.波動関係とBornの確率解釈
  •   4.確率の保存と確率の流れ
  •   5.物理量の期待値と演算子
  •   6.定常状態
  •   7.Ehrenfestの定理と古典的極限
  •   8.章末問題
  • 3 1次元の量子系
  •   1.1次元Schrodinger方程式の一般的性質
  •   2.波動の反射と透過
  •   3.ポテンシャル障壁とトンネル効果1-長方形ポテンシャル障壁
  •   4.ポテンシャル障壁とトンネル効果2-一般の場合
  •   5.束縛状態-井戸型ポテンシャル
  •   6.周期的ポテンシャル-Kronig-Pennery模型
  •   7.1次元調和振動子
  •   8.段階型ポテンシャルの波束のふるまい
  •   9.章末問題
  • 4 量子力学の基本的な性質
  •   1.物理量とエルミート演算子
  •   2.エルミート演算子の固有関数と固有値
  •   3.エルミート演算子の固有関数の性質1-とびとびのスペクトルの場合
  •   4.エルミート演算子の固有関数の性質2-連続スペクトルの場合
  •   5.波動関数の空間
  •   6.1つの状態で複数の物理量が決まった値をとるための条件
  •   7.量子力学における演算子法
  •   8.章末問題
  • 5 中心力場のSchrodinger方程式
  •   1.Schrodinger方程式をつくる一般的規則
  •   2.極座標による3次元のSchrodinger方程式
  •   3.角変数の分離-球面調和関数
  •   4.動径方程式
  •   5.球面波
  •   6.球

製品情報

製品名 量子力学1
著者名 著:猪木 慶治 著:川合 光
発売日 1994年02月18日
価格 定価 : 本体4,660円(税別)
ISBN 978-4-06-153209-0
判型 A5
ページ数 300ページ

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス