これがほんまの四国遍路

講談社現代新書
コレガホンマノシコクヘンロ
これがほんまの四国遍路
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

誰も書かなかった目からウロコの真実!
●大流行の原因は無学な風来坊の暴挙
●四国の人たちは本当に親切なのか?
●市販の靴やリュックがダメな理由
●誰もが勘違いしているコース選び

私は従来の著作物に、ひそかに物足りないものも感じておりました。本当に重要な情報と、どうでもいい情報がごちゃ混ぜになっていて、素人には取捨選択できないように思えるのです。それらをすべて鵜呑みにして無用の決まり事に縛られたり、しなくてもいい忍耐を強いられたりした結果、なんとなく四国遍路は難しい、初心者がうかつに手を出すものではない、といったイメージが定着し、新しい人への門戸を狭めている気がしてならないのです。――<本書より>

目次

  • 第1章 四国遍路はなぜ大流行したか
  • 第2章 四国遍路と日本型セイフティネット
  • 第3章 現代人にとっての四国遍路
  • 第4章 「遍路歩き」の戦略と装備
  • 第5章 「道」と「宿」についての考察
  • 終章 歩き旅の思い出

製品情報

製品名 これがほんまの四国遍路
著者名 著:大野 正義
発売日 2007年02月17日
価格 定価:770円(本体700円)
ISBN 978-4-06-149879-2
通巻番号 1879
判型 新書
ページ数 208ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る