タブーの漢字学

講談社現代新書
タブーノカンジガク
タブーの漢字学
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

性の話、トイレの話……
はばかりながら読む漢字の文化史!

「性」にまつわる漢字
かりに私たちがまだ文字のない時代に暮らしているとして、王様から文字を作る仕事をあたえられた、と仮定してみよう。(中略)王様から作成を命じられたのが、もしも「一人前の立派な男」という意味を表す文字だったら、あなたはいったいどうするだろうか。男の子が成長し、一人前の立派な男性になったことを文字で示すには、いったい何で表現すればいいだろう。なにを使うかは、人によってまちまちである。現代人ならば、それをスーツにネクタイという姿で表現する人もいるだろうし、引きしまったたくましい肉体のイメージで、一人前の男をとらえる人もいるだろう。そして中には、そんなの「男のシンボル」でしか表現できないじゃないか、とニヤニヤしながら考える人もいるにちがいない。――<本書より>

目次

  • 序章 言い換えられることば
  • 第1章 「性」にまつわる漢字
  • 第2章 「死」をめぐる漢字
  • 第3章 大小便と「月のさわり」
  • 第4章 名前に関するタブー

製品情報

製品名 タブーの漢字学
著者名 著:阿辻 哲次
発売日 2004年11月20日
価格 定価:792円(本体720円)
ISBN 978-4-06-149751-1
通巻番号 1751
判型 新書
ページ数 240ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る