カンブリア紀の怪物たち

講談社現代新書
カンブリアキノカイブツタチ
カンブリア紀の怪物たち
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

【カンブリア紀への招待】――バージェス頁岩はありきたりの化石層ではない。
ここでは腐敗の過程が一時停止してしまっていて、古代の生命の豊富さをありのまま見ることができる。堅くて丈夫な骨格を持つ三葉虫や軟体動物ばかりか、全く骨格の無い軟組織だけから成る動物も遺されている。これらの驚くべき化石においては動物体の輪郭だけでなく時には腸や筋肉のような内部組織までもはっきりと眼にすることができるのだ。ちょうどガラパゴス島のダーウィンフィンチという鳥が「適応進化」の重要性発見の代名詞とされるように、あるいは、また、ショウジョウバエが分子生物学の発展のシンボルとなっているように、バージェス頁岩は、生命の歴史の研究に生涯を捧げる人々にとって、イコン(聖像)になりつつある――本書より

目次

  • ●「生命の歴史」の五大事件
  • ●カンブリア紀への招待
  • ●バージェス頁岩の発見
  • ●ウォルコットの手柄
  • ●タイムマシーンに乗って
  • ●遊泳する生き物、浮遊する生き物
  • ●新たなバージェス頁岩の探求
  • ●バージェス頁岩の重要性
  • ●門の起源
  • ●別の世界

製品情報

製品名 カンブリア紀の怪物たち
著者名 著:モリス.サイモン・コンウェイ 監・訳:松井 孝典
発売日 1997年03月19日
価格 定価 : 本体940円(税別)
ISBN 978-4-06-149343-8
通巻番号 1343
判型 新書
ページ数 302ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス