「世間」とは何か

講談社現代新書
セケントハナニカ
  • 電子あり
「世間」とは何か
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本人の生きてきた枠組「世間」とは何か。古代から現代まで、日本人の生活を支配し、日本の特異性をつくってきた「世間」の本質とは? ヨーロッパの「社会」を追究してきた歴史家の視点で問い直す。(講談社現代新書)


日本人の生きてきた枠組「世間」とは何か。古代から現代まで、日本人の生活を支配し、日本の特異性をつくってきた「世間」の本質とは? ヨ-ロッパの「社会」を追究してきた歴史家の視点で問い直す。

目次

  • ●「世間」はどのように捉えられてきたのか
  • ●歌に詠まれた「世間」
  • ●隠者兼好の「世間」
  • ●神判と起請文
  • ●真宗教団における「世間」
  • ●「色」と「金」の世の中
  • ●「艶隠者」西鶴
  • ●なぜ漱石は読み継がれてきたのか
  • ●「社会」の誕生
  • ●荷風と光晴のヨーロッパ

製品情報

製品名 「世間」とは何か
著者名 著:阿部 謹也
発売日 1995年07月17日
価格 定価:990円(本体900円)
ISBN 978-4-06-149262-2
通巻番号 1262
判型 新書
ページ数 260ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る

オンライン書店で見る