冤罪はこうして作られる

講談社現代新書
エンザイハコウシテツクラレル
  • 電子あり
冤罪はこうして作られる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

無実の者が、ある日突然に「犯人」にされる。警察はなぜ「犯人」を作り出すのか。裁判官はなぜウソを見抜けないのか。見込み捜査、別件逮捕、代用監獄から、裁判官への統制、弁護人の無力化まで、今も冤罪を生み続けている日本の刑事司法の構造的欠陥をえぐる。(講談社現代新書)


無実の罪を生み出す刑事司法の構造的欠陥。ある日突然に「犯人」にされる恐怖。見込み捜査、別件逮捕、代用監獄から、裁判官への統制、弁護人の無力化まで、冤罪を生み出す刑事司法の構造的欠陥に迫る。

目次

  • ●他人の悲劇ではない
  • ●なぜ虚偽自白をするのか
  • ●アリバイを握りつぶす
  • ●代用監獄で何がおこなわれるのか
  • ●見込み捜査の危険性
  • ●警察スパイの違法性
  • ●鑑定を無条件に信頼
  • ●棒読み自白の録音テープ
  • ●都合の悪い証拠は無視
  • ●裁判官はなぜ誤るのか
  • ●誤判の蔭に誤鑑定あり
  • ●冤罪を防ぐために

製品情報

製品名 冤罪はこうして作られる
著者名 著:小田中 聰樹
発売日 1993年04月16日
価格 定価:990円(本体900円)
ISBN 978-4-06-149145-8
通巻番号 1145
判型 新書
ページ数 250ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る

オンライン書店で見る