宇宙論がわかる

講談社現代新書
ウチュウロンガワカル
著:黒星 瑩一 装丁:杉浦 康平 装丁:谷村 彰彦
宇宙論がわかる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

宇宙はどのように始まり、この先どうなるのか。相対論の描く時空、素粒子論の語る宇宙創成、量子力学の説く「真空のゆらぎ」、ホーキングのいう「始めも終わりもない」とは? 宇宙論をやさしくじっくり解説。

宇宙は「真空のゆらぎ」か?――われわれは、古典的な厳密なエネルギーの保存則には、量子力学的な「抜け道」があることを知った。すなわち、ハイゼンベルクの不確定性原理は量子世界の現象に対して、きわめて短い時間内についてはエネルギーのゆらぎを認めるからである。たとえば先ほどの計算によれば、2×20×(-20)乗秒の間に限れば、陽子と反陽子のペアが仮の存在を許されるわけである。電子と反電子ならもっと長い時間存在できる。……真空はわれわれの常識では「何もない所」という意味だが、量子力学によってその概念は一変した。現代物理学においては、真空は決して「無」ではなく、仮想粒子とその反粒子が自発的な生成消滅を繰り返す激変の世界、まさにハルマゲドン(大決戦場)なのである。真空にこそ自然の謎が豊かに秘められている、といっても過言ではないほどである。――本書より

目次

  • ●夜はなぜ暗いのか
  • ●膨張宇宙の原理
  •  宇宙は開いているか、閉じているか
  • ●相対性理論の描く時空間
  •  「光速度普遍の原理」の不思議
  • ●初期宇宙の様子
  •  対称性の破れによる欠陥――宇宙ひも
  • ●量子力学と宇宙のゆらぎ
  •  「量子的ゆらぎ」が生むエネルギー
  • ●宇宙の終わり
  •  ホーキング理論の「時間的ホログラフィー」
  • ●宇宙を考えるとは

製品情報

製品名 宇宙論がわかる
著者名 著:黒星 瑩一 装丁:杉浦 康平 装丁:谷村 彰彦
発売日 1991年05月16日
価格 定価:726円(本体660円)
ISBN 978-4-06-149051-2
通巻番号 1051
判型 新書
ページ数 218ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る