ビ-トルズ

講談社現代新書
ビートルズ
著:北山 修 装丁:杉浦 康平 装丁:谷村 彰彦 装画:山下 一徳
ビ-トルズ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ポップにハードに時代を疾走し、メディア芸術の頂点を極めた港町の“チンピラ”たち――THE BEATLES.伝説の'60年代を、ポスト・モラトリアムに向けて読み直す。――The rest it up to you.

「オーディションに受かったかな」――「レット・イツト・ビー」の最後で、ビートルズが《ゲット・バック》を歌った後、ジョンは「オーディションに受かったかな」と言って周囲を笑わせているが、経営者が本社ビル屋上でコンサートをやるという図式そのものが、プレイイング・マネイジメントのあり方を示している。しかし、彼らの場合は、器の方が不安定で、それ以上の中身を盛り込むことができなかった。その意味では、ビートルズは、あの屋上のオーディションに落ちたのである。――本書より

目次

  • 不幸な不幸なジョン/ロックという自己慰安
  • 三分間の隙間/「もう一人のビートル」たちの手へ
  • 四角い愛のルール/「電車ごっこ」の時代
  • アメリカ上陸/殺意を引き受けるヒーローたち
  • 武道館のビートルズ/〈ながら〉族の自由
  • ●プレイ・バックはできない
  • 〈イムジン河〉事件/屋根の上のモダーンが終わる
  • 世界に小便ひっかけ/それは少女のような無邪気さで
  • ドキュメント〈レット・イット・ビー〉/1980年12月8日
  • ●ビー卜ルズを知らない子どもたちへ
  • ビデオ・プレイイング・マネイジメント/これで本当におしまいです。あとは、

製品情報

製品名 ビ-トルズ
著者名 著:北山 修 装丁:杉浦 康平 装丁:谷村 彰彦 装画:山下 一徳
発売日 1987年04月16日
価格 定価:748円(本体680円)
ISBN 978-4-06-148851-9
通巻番号 851
判型 新書
ページ数 242ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る