ツタンカーメンの謎

講談社現代新書
ツタンカーメンノナゾ
著:吉村 作治 装丁:杉浦 康平 装丁:海保 透
ツタンカーメンの謎
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

燦然と輝く黄金のマスク。金銀宝石をふんだんに使った2000点を越す副葬品。ほとんど無傷のまま、3000年の永い眠りから覚めたツタンカーメンの王墓の発見は、発掘史上の“奇跡”といわれた。そして、相次ぐ発掘関係者の死は、“ファラオの呪い”の伝説を生んだ。特筆される業績も残さなかった短命の少年王が、これほど手厚く葬られたのはなぜか?絢爛たるエジプト第18王朝の繁栄の裏にはどんなドラマが秘められていたのか?発掘をめぐるロマンと歴史の謎に挑むスリリングな書。

“ファラオの呪い”――世に言われている“ファラオの呪い”の噂は、カーナボン卿が亡くなった時に起きた不思議な偶然が発端だった。カーナボン卿が亡くなったまさにその瞬間、カイロ中の電灯が消え、その停電の原因はその後の調査によってもわからなかった。さらに不思議なことには、カーナボン卿の子息のポーチェスター卿によると、彼の父が亡くなった瞬間に、故郷のハイクレアで、カーナボン卿の愛犬が突然苦しそうに吠え、ばったりと死んだというのである。「ロンドン・タイムズ」との独占契約でカーナボン卿に反感をもっていた世界中の新聞が、カーナボン卿の死を“ファラオの呪い”として公表した。――本文より

目次

  • ●古代史に魅せられた人々
  • ●ツタンカーメン王墓の発掘
  • ●ツタンカーメンの秘宝
  • ●黄金のマスクをつけたミイラ
  • ●“ファラオの呪い”
  • ●第18王朝の絢爛
  • ●出生と生いたちの謎
  • ●死をめぐる疑惑
  • ●王墓はなぜ盗掘をまぬがれたか
  • ●沈黙を続けた文明

製品情報

製品名 ツタンカーメンの謎
著者名 著:吉村 作治 装丁:杉浦 康平 装丁:海保 透
発売日 1984年10月18日
価格 定価 : 本体660円(税別)
ISBN 978-4-06-145749-2
通巻番号 749
判型 新書
ページ数 213ページ
シリーズ 講談社現代新書