祇園女御(下)

講談社文庫
ギオンニョウゴ
祇園女御(下)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

巷は天変地妖に衆徒の強訴に脅え、侍は覇を競い殿上を争う。治天の君として、天下に君臨する白河法皇。王朝に咲いた大輪の花の面影はすでになく、山里にこもる皇后道子。この、交わることのない生涯を結ぶ宿命の糸は、数奇な人生を辿る祇園女御、あかね、傀儡子(くぐつ)の鷲丸、そして、皇弟三の宮たちの運命を手繰り寄せ、縺れてゆく。大治4年夏、法皇の崩御で物語は終る。


治天の君として、天下に君臨する白河法皇。王朝に咲いた大輪の花の面影はすでになく、山里にこもる皇后道子。この、交わることのない生涯を結ぶ宿命の糸は、数奇な人生を辿る祇園女御、あかね、傀儡子(くぐつ)の鷲丸、そして、皇弟三の宮たちの運命を手繰り寄せ、縺れてゆく。大治4年夏、法皇の崩御で物語は終る。

目次

  • かえり花
  • かりがね
  • うもれ木
  • 薄氷
  • 野の宮
  • 晩花
  • 朝虹
  • 妬炎
  • 登竜
  • 満願
  • 流水
  • 胡蝶
  • 花宴
  • 勾玉
  • 青芦
  • 白鷺
  • 月魂
  • 鐘の声
  • 年譜

製品情報

製品名 祇園女御(下)
著者名 著:瀬戸内 晴美
発売日 1975年10月28日
価格 定価 : 本体590円(税別)
ISBN 978-4-06-131304-0
判型 A6
ページ数 377ページ
シリーズ 講談社文庫