祇園女御(上)

講談社文庫
ギオンニョウゴ
祇園女御(上)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

藤原氏専横の世と武士擡頭の世の間に、束の間花開く院政をしく一代の専制君主白河法皇。その東宮のころにこの物語は始まる。延久元年、藤原道子は28歳で東宮妃として入内(じゅだい)するが、愛の日は短く、東宮の心は間もなく若い新しい妃、賢子に移ろってゆく。やがて数奇な運命の美女たまきが、法皇の寵を一心にあつめ、祇園女御とよばれるようになる……。王朝末期に生きた、女の愛と哀しみを、流麗に描く傑作長編。


藤原氏専横の世と、武士擡頭の世の間、束の間院政をしく専制君主白河法皇が東宮であった時、藤原道子は28歳で東宮妃として入内(じゅだい)する。東宮は間もなく若い賢子に心を移し、やがて運命の美女たまきが、祇園女御と呼ばれて一身に寵をあつめる……。王朝末期に生きた、女の愛と哀しみを、流麗に描く傑作長編。

目次

  • その後の世に
  • 花の雨
  • 黒髪
  • 藤波
  • 夕月
  • 青嵐
  • 夏野
  • 露草
  • 螢火
  • こもり沼
  • 流浪の唄
  • 篝火
  • 花楓
  • おぼろ月夜
  • 白檀
  • 妖光
  • 旅愁
  • 明け星
  • 十三夜

製品情報

製品名 祇園女御(上)
著者名 著:瀬戸内 晴美
発売日 1975年09月25日
価格 定価 : 本体619円(税別)
ISBN 978-4-06-131303-3
判型 A6
ページ数 381ページ
シリーズ 講談社文庫