有機化学が好きになる

ブルーバックス
ユウキカガクガスキニナルカメノコウナンテコワクナイ
著:米山 正信 著:安藤 宏 装丁:市川 英夫 装画:石川 俊
有機化学が好きになる
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

学校では学べない有機化学のエッセンス!
高等学枚の教科書を見ると、ほとんどが有機化学は後の方に出ています。もう化学なるものに少々うんざりした頃出会い、なんとなくさしせまった時間の中で、かけ足のようにして通りすぎ、カメの甲はむつかしい、という印象のみを残しているのではないかと思います。
今、幼い日の素朴な疑問にかえって、有機化学をながめなおしてほしい、これがこの本のねらいです。(「はじめに」より)

目次

  • 1 はじめの章
  • 2 有機化合物を調べて行く道すじ
  • 3 炭化水素という化合物集団
  • 4 炭化水素を徐々に酸化して得られる化合物――アルコール・アルデヒド・カルボン酸
  • 5 アルコールやカルボン酸から導かれる化合物
  • 6 イソプレン(C5H8)はアセチレン系かジエン系か
  • 7 再びゴムはどうしてのびちぢみできるのか
  • 8 反応を特定の方向に導く情報伝達者――触媒
  • 9 イソプレン合成の研究の話
  • 10 おわりの章

製品情報

製品名 有機化学が好きになる
著者名 著:米山 正信 著:安藤 宏 装丁:市川 英夫 装画:石川 俊
発売日 1981年12月14日
価格 定価:968円(本体880円)
ISBN 978-4-06-118085-7
通巻番号 485
判型 新書
ページ数 250ページ
シリーズ ブルーバックス

おすすめの本

書店在庫を見る