四次元の世界 超空間から相対性理論へ

ブルーバックス
ヨジゲンノセカイチョウクウカンカラソウタイセイリロンヘ
四次元の世界 超空間から相対性理論へ
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

卵を割らずに黄身がとり出せますか?
《四次元の世界》ではそれが可能だというのです
《まぼろしの次元》を求めてリ-マン幾何学から物理学へ……
《実在する四次元》はアインシュタインによってみつけ出されました
《真実とはかくも奇妙なものか》などと言わないでください
《超多時間理論》や《重力波》も四次元の産物です
《スッキリした説明》だれにもわかるていねいな解説は本書の特色の1つです

目次

  • 1 次元とはなにか
  •   1.われわれは影を見ている
  •   2.卵を割らずに黄身を出す
  •   3.まぼろしの次元
  • 2 四次元空間の性質
  •   1.四次元空間の切り口
  •   2.四次元球が行く
  •   3.かけない図をかく
  • 3 曲がった空間
  •   1.朝顔のツルは何次元か
  •   2.馬のくらの幾何学
  •   3.第5公準の謎
  • 4 ハップニング
  •   1.本当に知りたいこと
  •   2.幾何学と物理学のちがい
  •   3.時間はなぜ一次元か
  • 5 光とはなにか
  •   1.見えるから信ずる
  •   2.時間にも厚みがあること
  •   3.絶対論者のあがき
  • 6 実在する四次元
  •   1.ついに四次元をみつけた
  •   2.ライト・コーン
  •   3.超多時間理論
  • 7 非ユークリッド空間
  •   1.時計のパラドックス
  •   2.ベルグソンらの反論
  •   3.検出された重力波?

製品情報

製品名 四次元の世界 超空間から相対性理論へ
著者名 著:都筑 卓司 装丁:ルネ・マグリット 装丁:永美 ハルオ
発売日 1969年08月20日
価格 定価:1,034円(本体940円)
ISBN 978-4-06-117742-0
通巻番号 142
判型 新書
ページ数 260ページ
シリーズ ブルーバックス

書店在庫を見る