社会科学の考え方

講談社現代新書
シャカイカガクノカンガエカタニンゲン・チシキ・シャカイ
著:水田 洋 装丁:杉浦 康平 装丁:鈴木 一誌
社会科学の考え方
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

人間にとって、社会とはなにか。知識とはなにか。そして人間とは、なんなのか。これらの問いに、社会科学はどのような方法で、どのように答え、危機に立つ現代社会をどこに導こうとするのか。ルソー、スミス、マルクスなどの方法や考え方も紹介しながら、つきつけられた課題と正面から取り組んだ、ユニークな社会科学入門である。

共通する思考様式――社会科学といっても、現実に存在するのは、経済学とか政治学とか法学とかいう個別社会科学の集合体=社会諸科学にすぎない。それにもかかわらず、社会諸科学に共通した問題・性格・思考様式というものが、あるのではないだろうか。さらに、すべての科学に共通したそういうものがありはしないか。人間は、社会をつくり、社会のなかで生活し、社会を変革する。かんたんにいえば、それが人間の生活なのであり、人間が自己を実現しようと永遠に努力する過程なのである。この過程で人間は、生きるために(人間らしく生きるために)、人間について考え、社会について考える。そういう思考が、社会科学を生むのである。――本書から

目次

  • ●知識について
  •  知るとは?/実感と常識/思考と伝達/科学とはなにか/社会科学と自然科学
  • ●社会について
  •  社会とはなにか/支配の発生と展開/宗教から科学へ/
  •  近代的個人の成立/管理社会の科学の役割/民主主義の原理と現実
  • ●人間について
  •  人間は自己を変革する/近代社会と人間/資本主義下の生きがい/
  •  政治のなかの人間/教育と人間解放
  • ●知識人について
  •  知識人の発生/知識の商品化と学問の自由/反体制知識人

製品情報

製品名 社会科学の考え方
著者名 著:水田 洋 装丁:杉浦 康平 装丁:鈴木 一誌
発売日 1975年06月04日
価格 定価:694円(本体631円)
ISBN 978-4-06-115799-6
通巻番号 399
判型 新書
ページ数 187ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る