経済学はむずかしくない(第2版)

講談社現代新書
ケイザイガクハムズカシクナイダイニハン
経済学はむずかしくない(第2版)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

もっとも身近な活動でありながらも、複雑、難解に見える現代経済学。
ミクロ経済学、マクロ経済学、ケインズ理論はどのようにして生まれたのか?
基本に立ち返り、平明に経済の構造を解き明かした名著が待望の復刊!

目次

  • ●バロメーターの話
  • ●合理的な経済行為とは
  • ●ミクロからマクロへ
  • ●経済学者の頭の切りかえ
  • ●成長と経済的福祉
  • ●経済成長の中身
  • ●技術進歩と物価賃金
  • ●日本の実例
  • ●経済のしくみのちがい
  • ●成長のエンジンをかかえた資本主義

製品情報

製品名 経済学はむずかしくない(第2版)
著者名 著:都留 重人
発売日 1974年04月30日
価格 定価:836円(本体760円)
ISBN 978-4-06-115750-7
通巻番号 350
判型 新書
ページ数 230ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:都留 重人(ツル シゲト)

ハーバード大学経済学部を卒業。一橋大学学長を経て、朝日新聞社論説顧問。一橋大学名誉教授、経済学博士。
訳書に、サムエルソン『経済学』上・下(岩波書店)など。講談社より『都留重人著作集』(全十三巻)を刊行。

書店在庫を見る

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス