帝国主義の展開 新書西洋史(7)

講談社現代新書
テイコクシュギノテンカイシンショセイヨウシ
著:中山 治一 その他:杉浦 康平 装丁:辻 修平
帝国主義の展開 新書西洋史(7)
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

科学技術の驚異的発達・超大企業の出現、資本主義の爛熟にともなう帝国主義的進出、そして、はじめての世界戦争、さらには革命……。ドイツ帝国の興亡によって特徴づけられるこの時代は、ヨーロッパ的価値観が世界を征服し、いまわれわれの生きている〈現代〉のあり方を決定した時代でもあった。本書は、揺れ動く歴史的世界の構造をグローバルな目でとらえなおし、現代史理解のための新たな視座を提供した意欲作である。

-今日の世界を理解する鍵-本署の叙述は、19世紀以来おこなわれてきた一国単位の歴史叙述の集約ではない。筆者の念頭にあるのは、全地表的規模の歴史的世界とその構造の問題である。とくに、19世紀的世界から20世紀的世界への構造的転換の問題である。というのは、グローバルな歴史的世界はまさにこの半世紀間の「帝国主義の展開」を通じて形成されたものにほかならないからである。この時期の歴史を知ることは、今日の世界を理解することなのである。――本書より

目次

  • ●ビスマルク帝国
  • ●技術革新と工業社会
  • ●帝国主義と世界の一体化
  • ●大衆社会の成立
  • ●工業化時代の思想
  • ●帝国主義競争
  • ●国際政治の構造変化
  • ●アメリカの登場
  • ●最初の世界戦争
  • ●戦争と革命

製品情報

製品名 帝国主義の展開 新書西洋史(7)
著者名 著:中山 治一 その他:杉浦 康平 装丁:辻 修平
発売日 1973年12月10日
価格 定価:704円(本体640円)
ISBN 978-4-06-115717-0
通巻番号 317
判型 新書
ページ数 202ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る