日本人はどこから来たか

講談社現代新書
ニホンジンハドコカラキタカ
著:樋口 隆康 装丁:杉浦 康平 装丁:辻 修平
日本人はどこから来たか
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本人の起源は永遠の謎である。日本は古来文化のルツボであった、流れこむばかりでそこから出て行くことのない――。このルツボのうちそとの謎に、多くの先人が、果敢に挑み、先住民説・原人説・混血説などを説いた。本書は発掘物・言語など豊なデータをもとに、精密な推理を進め、江南要素を重視する。

〈日本人の起源に関する諸説〉歴史的にみると、まず、日本島には日本人以前に先住民がいたという、先住民論があり、その先住民がいかなるものであったかをめぐって、アイヌ説・プレアイヌ説・コロボックル説などがあらわれた。さらに日本人混血説をへて、ナショナリズムとのからみあいもあって、日本島には最初から日本人がいたとする日本原人論があらわれた。最近になって騎馬民族征服説なども出されたが、もちろんこの世界には、確たる定説はない。化石人骨・血液型・言語・石器・土器・各種の道具、そして稲作の問題など複雑なファクターを比較検討しながら、本書では、日本人の祖型には江南要素が濃厚であると結論する。

目次

  • ●永遠の謎
  • ●日本人とは
  • ●日本人起源論の諸相
  • ●日本語の源流
  • ●ベールをぬいだ旧石器人
  • ●5つのルート
  • ●多面的な縄文文化
  • ●稲作と金属器
  • ●イネの道
  • ●古墳文化の舶来品

製品情報

製品名 日本人はどこから来たか
著者名 著:樋口 隆康 装丁:杉浦 康平 装丁:辻 修平
発売日 1971年11月28日
価格 定価:726円(本体660円)
ISBN 978-4-06-115665-4
通巻番号 265
判型 新書
ページ数 211ページ
シリーズ 講談社現代新書

書店在庫を見る