日本人の論理構造

講談社現代新書
ニホンジンノロンリコウゾウ
日本人の論理構造
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

どうせ、せめて、さすが、しみじみ・・・。
これらのことばが、どのような文化の中に生まれ、私たちをどのように性格づけてきたのか?
長年アメリカで日本語や日本文学を教え続けてきた著者が、身近なことばから日本人独特の心理を探りだしたユニークな文化論。
いまこそ読まれるべき名著の復刊。

目次

  • 第1章 芥川の言葉じゃないが
  • 第2章 なまじ
  • 第3章 いっそ・どうせ
  • 第4章 せめて
  • 第5章 れる・られる
  • 第6章 やはり・さすが
  • 第7章 しみじみ
  • 第8章 ところ
  • 第9章 明日は試験があった
  • 第10章 人情
  • 第11章 何事のおはしますかは

製品情報

製品名 日本人の論理構造
著者名 著:板坂 元
発売日 1971年08月16日
価格 定価 : 本体760円(税別)
ISBN 978-4-06-115658-6
通巻番号 258
判型 新書
ページ数 197ページ
シリーズ 講談社現代新書

著者紹介

著:板坂 元(イタサカ ゲン)

(いたさか げん)
1922年、中国南京に生まれる。
東京大学文学部卒業。成城大学、ケンブリッジ大学、ハーバード大学講師などを経て、創価女子短期大学副学長。著書に日本古典文学大系、『西鶴集・上』(共著・岩波書店)、『日本語横丁』(至文堂選書)、講談社現代新書に『考える技術・書く技術』などがある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス