NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語 1

星海社FICTIONS
ノエシスウソヲツイタキオクノモノガタリ
NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語 1
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

我々の後継者はスマホの中にいました――――田中ロミオ
アニメ好きの高校生・鹿倉時雨は妹の憂姫、幼なじみの千代田こよみと共に賑やかで楽しい学生生活を送っていた。そんな時雨の平穏な日常は、夕暮れの校舎の屋上での“死人の言葉を聞くことができる”少女との出会いを境に、予測不可能な惨劇へと変貌していく……。伝奇ミステリーの新境地を切り拓いた新たな戦慄――。その圧倒的な完成度と衝撃の展開でファンを熱狂させたノベルゲームを、cutlass自ら完全改稿のうえ待望の書籍化。解説・田中ロミオ

製品情報

製品名 NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語 1
著者名 著・絵:cutlass 絵:たぬきまくら
発売日 2013年08月20日
価格 定価:1,265円(本体1,150円)
ISBN 978-4-06-138871-0
判型 B6
ページ数 256ページ
シリーズ 星海社FICTIONS
初出 2011年発表の同人ゲーム『NOeSIS 嘘を吐いた記憶の物語』のシナリオをもとに著者であるcutlass氏自らが全面改稿したもの。

書店在庫を見る