「春画の色恋 江戸のむつごと「四十八手」の世界」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
春画の色恋 江戸のむつごと「四十八手」の世界

「四十八手」は、たんなる性戯や体位だけでなく、出逢いから始まる「色恋の物語」でもあった。本書は、最初の浮世絵師と呼ばれる菱川師宣の『恋のむつごと四十八手』を、第1図から第48図まで一手ずつ丁寧に紐解きながら、西川祐信、鈴木春信、喜多川歌麿、葛飾北斎など、後世の浮世絵師たちがそれらをどう画いたか、表現の変遷をたどる。
春画を愛で、楽しみながら江戸人の性意識や風俗を読む、著者の春画研究の集大成にして、渾身の名著。

図版250点以上、カラー口絵あり

解説――浅野秀剛