「「ポスト戦後」を生きる─繁栄のその先に」既刊・関連作品一覧

「ポスト戦後」を生きる─繁栄のその先に

一億総中流の時代は去り、格差社会がやってきた。これが「戦後」の理想の結果なのか?
生きづらさの実感を、東アジア世界と歴史のなかに位置づける。

北海道新聞社は、2009年から毎年さまざまなゲストを招いて「≪道新フォーラム≫現代への視点~歴史から学び、伝えるもの」を札幌で開催、基調講演と討論、参加した若い人たちとの質疑を通して昭和史の教訓を今後にどう生かしていくかを考えてきました。今回は2013年11月4日に保阪正康、姜尚中、雨宮処凛の三氏を招いて札幌の道新ホールでおこなわれたフォーラムの詳報です。

≪道新フォーラム≫活字化 第5弾