「夏ほたる」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
夏ほたる

“書下ろし時代小説の女王”が描ききる、一途な女の覚悟の愛

「ほたるの舞う頃にはまた戻る」と言い残して去った男を尋ねて上京した、箱根の湯宿の女主人おみねだが、運悪く持ち金を掏(す)られてしまう。現場に居合わせた見届け人秋月伊織は、途方に暮れるおみねの探索を助け、紙問屋の倅と名乗った男の行方を追う。しかし語られた身の上は偽りであった。文庫書下ろし第六弾!