「ひとりでいいんです─加藤周一の遺した言葉」既刊・関連作品一覧

ひとりでいいんです─加藤周一の遺した言葉

 加藤周一氏が逝ってはや3年。、まさに危機に直面している日本と世界の現状を見て「加藤周一だったらなんと言うだろうか……」との思いを抱く向きも多いかもしれません。その一方で「カトウシュウイチってだれ?」という人も確実に増えているでしょう。
 本書は、戦後日本を代表する知識人がその晩年、市民グループの求めに応じて談論風発した記録です。
 内容は多岐にわたり、戦争と憲法、ファシズム、歴史認識問題、ヒューマニズムと文学・映画、社会主義の功罪など市民からの時に素朴、時に尖鋭な質問に真正面から答え、さらに踏み込んだ答えを示すさまは、さまざまな批判はあるにせよ、「戦後」という時空間の最良の部分がどこにあるかを示してくれます。加藤周一の人物像に迫る入門書としても読める本です。