「アメリカ音楽史 ミンストレル・ショウ、ブルースから」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
アメリカ音楽史 ミンストレル・ショウ、ブルースから

そのサウンドと<歴史>はいかなる欲望がつくったか ロック、ジャズ、ブルース、ファンク、ヒップホップ……音楽シーンの中心であり続けたそれらのサウンドは、十九世紀以来の、他者を擬装するという欲望のもとに奏でられ、語られてきた。 アメリカ近現代における政治・社会・文化のダイナミズムのもと、その<歴史>をとらえなおし、白人/黒人という枠組みをも乗り越えようとする、真摯にして挑戦的な論考。 2011年サントリー学芸賞[芸術・文学部門]受賞