「アスペルガー症候群(高機能自閉症)の子どもを育てる本 学校編」既刊・関連作品一覧

アスペルガー症候群(高機能自閉症)の子どもを育てる本 学校編

ひと目でわかるイラスト図解
《講談社 健康ライブラリーイラスト版》

【学校生活でのアドバイスと注意点が満載】
アスペルガー症候群の子の多くが学校生活に強いストレスを感じている。
本書では科目ごとの教え方のポイントから係や当番の対応、気になる進学のことまで、学校生活の様々なシーンでのアドバイスと注意点を紹介。
教育現場で役立つ必読書。

(まえがきより)
本当の意味で支援をするためには、子ども一人ひとりの特性と、彼らの気持ちを理解する必要があります。同じアスペルガー症候群の子でも、行動様式は一人ひとり違います。型通りの支援では、彼らの悩みに対応しきれないのです。
本書には、子どもたちが学校生活のなかでどのような点に困難を感じているのか、そして、どう対処していけばよいのかということを解説してあります。(中略)
だれにも相談できず、不安な人こそ、本書を読んでほしいと思います。相談する前に、いますぐできることがあるのです。子どもの行動をよくみて、その子の本当の気持ちによりそうように対応することです。子どもを理解すること、すべてはそこからはじまります。そのために本書が役立てば、大変うれしく思います。(佐々木正美)

【本書のおもなポイント】
●他人の気持ちが想像できないアスペルガーの子ども。ケンカを減らして、友達を増やすには
●発達障害のことをクラス全員に伝える方法
●TEACCHを教育現場にとり入れる――国語・社会・算数・英語など科目別アドバイス
●授業での対応の差が、劣等感につながらないように注意
●一人ひとりにあった一日のスケジュールの立て方と教え方
●給食・掃除の時間を守ってもらうには
●受験勉強や高校、大学への進学はできるのか

【本書の構成】
第1章 アスペルガー症候群の子の学校生活
第2章 ケンカを減らして、友達を増やすには
第3章 イラスト要素で授業の理解力アップ
第4章 係・当番・部活動のトラブル予防法
第5章 現実的に、進学はできるのか