「「若返り血管」をつくる生き方」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
「若返り血管」をつくる生き方

簡単な歩き方、食べ方で血管は必ず甦る! 致命的な病気になる前に始める生活のコツを紹介。血管博士・高沢先生が教える「詰まらない」「破れない」元気な血管のつくり方とは。私たちが健康で元気に毎日を過ごすことができるのは、体を循環する血液のおかげです。大切な血液の通り道が血管です。心臓から送り出された血液は動脈(動脈血管)を通って酸素と栄養を体のすみずみの細胞まで運び、体のすみずみの細胞から一酸化炭素とゴミ(老廃物)を静脈(静脈血管)により運び出します。動脈はよく伸び縮みする弾力性に富んだ血管です。しかし、私たちの体には年をとるとともに老化現象が訪れ、血管も年をとっていきます。血管の老化は血管にコレステロールや中性脂肪がたまることで起こります。長い時間をかけてたまった血管のゴミですから、お掃除も気長に続けることが大切です。それには食べ過ぎないこと、よく運動することが役に立つのです。●血管も老化する●突然、血管が詰まるわけ●高い血圧で「血管の老化」が進む●話題の「平均血圧」と「脈圧」●血管の生の声を聞く●朝の運動は避けたほうがよい? ●「若返り血管」は「早足歩き」から●ふくらはぎは第二の心臓●「腹九分目」の実行を●笑いは血管を開きます。