伴走者

講談社文庫
バンソウシャ
  • 電子あり
  • 映像化
伴走者
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「お前は伴走者だ。俺の目だ」

伴走者とは、視覚障害者と共に走るランナーである。「速いが勝てない」と言われ続けた淡島は、サッカーのスター選手として活躍しながら事故で視力を失った内田の伴走者として、パラリンピック出場を賭け国際大会で金メダルを狙う。アルペンスキーのガイドレーサーを描く「冬・スキー編」も収録。解説・川越宗一。

製品情報

製品名 伴走者
著者名 著:浅生 鴨
発売日 2020年02月14日
価格 定価 : 本体680円(税別)
ISBN 978-4-06-518255-0
判型 A6
ページ数 336ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2018年2月に小社より単行本として刊行されました。

著者紹介

著:浅生 鴨(アソウ カモ)

1971年、兵庫県生まれ。作家、広告プランナー。NHK職員時代の2009年に開設した広報局ツイッター「@NHK_PR」が、公式アカウントらしからぬ「ユルい」ツイートで人気を呼び、中の人1号として大きな話題になる。2013年に「群像」で発表した初の短編小説「エビくん」は注目を集め、日本文藝家協会編『文学2014』に収録された。2014年にNHKを退職し、現在は執筆活動を中心に広告やテレビ番組の企画・制作・演出などを手がけている。著書に『中の人などいない @NHK広報のツイートはなぜユルい?』『二・二六 HUMAN LOST 人間失格』(いずれも新潮社)、『猫たちの色メガネ』(KADOKAWA)、『どこでもない場所』(左右社)、『面白い!を生み出す妄想術 だから僕は、ググらない。』(大和出版)がある。

お知らせ・ニュース

オンライン書店で見る