英雄伝説の日本史

講談社学術文庫
エイユウデンセツノニホンシ
  • 電子あり
英雄伝説の日本史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

歴史を彩る「英雄」は、どのように語り継がれ、創作され、人々の記憶と歴史認識のなかに定着してきたのだろうか。特に、政争や戦乱の敗者が伝説を介し、復活し、再生する過程を、中世から近世、近代への長いスパンでたどっていく。その「蘇り方」は決して直線的ではなく、多くの屈折と虚像を伴うが、その道筋を追うことが、新しい歴史学の楽しみとなる。
たとえば、安倍晴明のライバル蘆屋道満や、酒呑童子退治の坂田金時ら、実在の疑わしい英雄は、歴史のなかでどのようにリアリティーを吹き込まれていったのだろうか。
そして、平将門や菅原道真らの怨念への畏怖が語らせる「敗者の復活」。坂上田村麻呂や藤原利仁、源頼光に託された、「武威の来歴」の物語。鎮西八郎為朝や源義経が、西国や東北、さらに大陸へと伝説を拡大させた「異域の射程」。本書はこれらを三つの柱とし、伝説のなかに中世史の再発見を試みる。江戸の浄瑠璃や歌舞伎、往来物から、近代の国定教科書まで、伝説の変貌の過程から「歴史の語られ方」を豊かに汲み上げる。〔原本:『蘇る中世の英雄たち――「武威の来歴」を問う』中公新書、1998年〕

目次

  • はしがき
  • 第一章 再生する英雄たち――江戸のなかの中世
  • 第二章 道真と将門――敗者の復活
  • 第三章 田村麻呂と頼光――武威の来歴
  • 第四章 為朝と義経――異域の射程
  • 第五章 伝説の記憶――歴史観の祖型
  • あとがき
  • 付録 軍記作品のなかの武人伝説・説話

製品情報

製品名 英雄伝説の日本史
著者名 著:関 幸彦
発売日 2019年12月12日
価格 定価 : 本体920円(税別)
ISBN 978-4-06-518205-5
通巻番号 2592
判型 A6
ページ数 224ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は、1998年に中央公論社より刊行された『蘇る中世の英雄たち――「武威の来歴」を問う』を、文庫化にあたり改題したものです。

著者紹介

著:関 幸彦(セキ ユキヒコ)

1952年生まれ。学習院大学大学院人文科学研究科史学専攻後期博士課程満期退学。現在、日本大学文理学部教授。主な著書に『武士の誕生』『「国史」の誕生』(講談社学術文庫)、『承久の乱と後鳥羽院』『その後の東国武士団』『東北の争乱と奥州合戦』(吉川弘文館)、『「鎌倉」とはなにか』『恋する武士 闘う貴族』(山川出版社)『百人一首の歴史学』(NHK出版)、『北条政子』(ミネルヴァ書房)、『武士の原像』(PHP研究所)ほか。

お知らせ・ニュース

関連サイト
講談社学術文庫の「大文字版」がオンデマンドで読める!
「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」好評です!

学術文庫の版面をそのまま、四六判(一般的な単行本の大きさ)相当まで大きく引き延ばして印刷・製本するオンデマンド版を販売中です。ご注文いただいたらすぐに製造、在庫切れの心配がありません。
ご注文から5日以内にお手元まで直送いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------------------
こんなにすごい! 「講談社学術文庫大文字版オンデマンド(POD)」
 ◎127パーセント拡大。細かな注釈も十分な大きさの文字に
 ◎四六版相当(133ミリ×188ミリ)のサイズなので、書棚におさめやすい
 ◎高品質用紙にくっきりとした印刷なので、文字が読みやすい
 ◎伸縮性が高いPUR製本なので、開きやすく割れにくい
 ◎フィルム貼りをほどこした高級感ある表紙
 ◎オンラインでご注文後、五日以内に発送。すぐに手元に届く
----------------------------------------------------------------------------------------------------
販売は、専用のウェブサイト https://kodansha.bookstores.jp/ のみにて販売いたします。
(一般書店での取り扱いはございません。ご注意ください)
スマホでもPCも、快適にじっくり本を選べます! 

講談社学術文庫の約600書目がラインナップとして用意しています。
紙の文庫では品切れ重版未定となっている書目もあります。
今後もさらに既刊書を拡充するとともに、
新刊書目もラインナップに加えていく予定です。ぜひご注目ください!

オンライン書店で見る