悪徳の輪舞曲

講談社文庫
アクトクノロンド
  • 電子あり
  • 映像化
悪徳の輪舞曲
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

報酬のためには手段を選ばない悪徳弁護士・御子柴礼司の前に、妹・梓が三十年ぶりに現れる。梓の依頼は、旦那殺しの容疑で逮捕されたという母・郁美の弁護だ。悪名高き〈死体配達人〉が実母を担当すると聞き動揺する検察側。母子二代に渡る殺人の系譜は存在するのか? 「御子柴弁護士」シリーズの最高傑作。

連続ドラマ化で話題独占!
「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲」 12.7放送開始 毎週土曜よる11時40分
原作・中山七里『贖罪の奏鳴曲』『追憶の夜想曲』『恩讐の鎮魂曲』『悪徳の輪舞曲』
東海テレビ・フジテレビ系全国ネット 
主演:要潤 ベッキー 津田寛治
悪徳、法外な報酬、絶対勝訴。悪魔の法廷劇が今、始まる!

©Shichiri Nalayama 2019

製品情報

製品名 悪徳の輪舞曲
著者名 著:中山 七里
発売日 2019年11月14日
価格 定価 : 本体740円(税別)
ISBN 978-4-06-517676-4
判型 A6
ページ数 384ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本作品は2018年3月に、講談社から単行本として刊行されました。

著者紹介

著:中山 七里(ナカヤマ シチリ)

なかやま・しちり
1961年、岐阜県生まれ。『さよならドビュッシー』で第8回「このミステリーがすごい!」大賞を受賞し、2010年にデビュー。2011年刊行の『贖罪の奏鳴曲(ルビ:ソナタ)』が各誌紙で話題になる。本作は『贖罪の奏鳴曲(ルビ:ソナタ)』『追憶の夜想曲(ルビ:ノクターン)』『恩讐の鎮魂曲(レクイエム)』から続く「御子柴弁護士」シリーズの第4作。本シリーズは「悪魔の弁護人・御子柴礼司~贖罪の奏鳴曲~(ルビ:ソナタ)」として今冬ドラマ化。近著に『TAS 特別師弟捜査員』『静おばあちゃんと要介護探偵』『ふたたび嗤う淑女』『もういちどベートーヴェン』『笑え、シャイロック』『死にゆく者の祈り』などがある。

オンライン書店で見る