叱られ、愛され、大相撲! 「国技」と「興行」の一〇〇年史

講談社選書メチエ
シカラレアイサレオオズモウコクギトコウギョウノヒャクネンシ
  • 電子あり
叱られ、愛され、大相撲! 「国技」と「興行」の一〇〇年史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

日本の伝統文化にして「国技」とされる大相撲は、一方で八百長疑惑や「横綱の品格」をめぐって、世間から叱られ続けている。この「叱られ体質」は、いつから、何に由来するのだろうか。大相撲100年の「叱られ、愛された歴史」を、「スー女」を自認する著者が丹念に掘り起こした意欲作。
明治42年(1909年)、落成したばかりの相撲常設館、その名も「国技館」の「玉座」で、8歳の少年が相撲を観戦した。この少年ーー明治天皇の皇孫、のちの昭和天皇に愛されたことが、大相撲の黄金時代と深い苦悩の始まりだった。
「国技」とは一体何か。「初っ切り」や「相撲甚句」「化粧まわし」は、「国技たる武道」の堕落ではないのか? 本書には、それぞれの「相撲道」を模索した人々が登場する。植民地台湾に力士100人を招いた任侠の親分。東京の相撲界に反旗を翻し、大阪で「角力」を興した異端児。「相撲体操」を考案し、台湾や満洲で相撲教育に邁進した熱血教師。勃興したスポーツジャーナリズムの中で、独自の相撲論を展開するインテリ力士。戦地慰問に疲労困憊しながら連勝記録を樹立した大横綱。そして1945年11月、焼け野原の東京、損壊甚だしい国技館に満場の観客を集めて、戦後初の本場所が開催される。
「国技」と「興行」のジレンマに悩みながら、いつも愛され、そこにあった大相撲の近代史。

目次

  • 序章 叱られてばかりの一〇〇年
  • 第一章 裕仁皇太子、土俵を見つめる――昭和天皇と国技館
  • 1 昭和天皇と大相撲
  • 2 「国技館」の誕生
  • 3 台覧相撲と大日本相撲協会
  • 第二章 親分、力士百人を招く――台湾興行と任侠集団 
  • 1 アジアに飛び出す相撲巡業
  • 2 「また台湾に行こうじゃないか」
  • 3 勧進元はアウトロー消防組
  • 第三章 青年教師、「相撲体操」を考案する――八尾秀雄の「角道」
  • 1 八尾秀雄とは誰か
  • 2 異民族に教える国技
  • 3 大阪へ、そして満洲国へ
  • 第四章 インテリ力士、「国技」に悩む――笠置山の相撲論
  • 1 「頭脳派力士」の日々
  • 2 娯楽か、武道か
  • 3 満洲場所と「新しい相撲」 
  • 第五章 戦場の兵士、横綱を待つ――双葉山の皇軍慰問
  • 1 お国のための大相撲
  • 2 戦場へ行こう
  • 3 力士と兵士が出会う場所
  • 終章 叱られて、愛されて
  • あとがき
  • 参考文献
  • 索引

製品情報

製品名 叱られ、愛され、大相撲! 「国技」と「興行」の一〇〇年史
著者名 著:胎中 千鶴
発売日 2019年09月12日
価格 定価 : 本体1,750円(税別)
ISBN 978-4-06-517211-7
通巻番号 709
判型 四六
ページ数 272ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:胎中 千鶴(タイナカ チヅル)

1959年生まれ。立教大学大学院文学研究科史学専攻博士後期課程修了。博士(文学)。現在、目白大学外国語学部教授。専攻は台湾史。主な著書に、『植民地台湾を語るということ――八田與一の「物語」を読み解く』(風響社、2007年)、『葬儀の植民地社会史――帝国日本と台湾の〈近代〉』(風響社、2008年)、『あなたとともに知る台湾――近現代の歴史と社会』(清水書院、2019年)ほか。

オンライン書店で見る