黒い巨塔 最高裁判所

講談社文庫
クロイキョトウサイコウサイバンショ
  • 電子あり
黒い巨塔 最高裁判所
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

いま初めて暴かれる最高裁の闇!
最高裁新任局付判事補・笹原の見た司法の聖域は、裁判官の思想統制のための牢獄(ラーゲリ)だった!

裁判官を左遷し判決の方向を差配する最高裁長官、絶大な権力を振かざす我が物顔の事務総局。司法の中枢最高裁判所内では醜悪な権力抗争が煮えたぎる。「法の支配」とは無縁の上命下服の思想統制に、司法エリートたちは次々と屈服していく。最高裁の中枢を知る元裁判官の城山三郎賞作家が、司法の真実を暴く権力小説。

解説:ノンフィクション作家 清水潔 

©Hroshi Segi 2019

製品情報

製品名 黒い巨塔 最高裁判所
著者名 著:瀬木 比呂志
発売日 2019年11月14日
価格 定価 : 本体900円(税別)
ISBN 978-4-06-516950-6
判型 A6
ページ数 496ページ
シリーズ 講談社文庫
初出 本書は2016年10月、小社より単行本として刊行されたものです。

著者紹介

著:瀬木 比呂志(セギ ヒロシ)

せぎ・ひろし
1954年名古屋市生まれ。東京大学法学部在学中に司法試験に合格。1979年以降裁判官として東京地裁、最高裁等に勤務。2012年明治大学教授に転身、専門は民事訴訟法・法社会学。在米研究2回。著書に、『絶望の裁判所』『ニッポンの裁判』『民事裁判入門――裁判官は何を見ているのか』 (いずれも講談社現代新書)、『裁判所の正体――法服を着た役人たち』(清水潔氏との対談。新潮社)、『リベラルアーツの学び方』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)、『教養としての現代漫画』(日本文芸社)、『裁判官・学者の哲学と意見』(現代書館)、専門書主著6冊、また関根牧彦の筆名による小説『映画館の妖精』(騒人社)等がある。2015年、『ニッポンの裁判』により第2回城山三郎賞を受賞。

オンライン書店で見る