昭和政争1 闇将軍・角栄最後の1000日

ショウワセイソウヤミショウグンカクエイサイゴノセンニチ
  • 電子あり
昭和政争1 闇将軍・角栄最後の1000日
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

三角大福中と呼ばれた、あくなき権力闘争の時代。並みいるライバルを蹴散らし、戦後もっとも若い54歳で総理の座をつかんだのは、田中角栄だった。
独特のだみ声。コンピュータ付きブルドーザーと呼ばれた馬力に加え、超人的な記憶力。さらに、政敵にさえ金銭的な援助をする心遣いによって、ついに頂点にのぼり詰めた。
金脈批判によって政権を手放し、ロッキード事件で訴追されてもなお、その権力は陰りを見せなかった。
1983年に発足した中曽根康弘政権は、「直角内閣」と呼ばれ、田中派は後藤田官房長官はじめ6人もの閣僚を送り込む。角栄は法務大臣ポストに自分の側近を送り込むことにも成功した。
しかし、その「権力の絶頂」から、徐々に滅びの予兆が見え始めていたーー。
日本の政治がもっとも激動した時代、政治家たちの息遣いをリアルに記録した名著を、待望の復刊!

製品情報

製品名 昭和政争1 闇将軍・角栄最後の1000日
著者名 著:中村 慶一郎
発売日 2019年07月11日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-516456-3
判型 四六
ページ数 298ページ
初出 本書は1985年にビジネス社から刊行された『田中角栄戦国史 政治天才・権力支配の構図』に新たに終章を加え、復刊したものです。

著者紹介

著:中村 慶一郎(ナカムラ ケイイチロウ)

1934年東京生まれ、政治ジャーナリスト。早稲田大学政治経済学部卒業後、読売新聞社に入社。地方部を経て政治部に勤務し、三木武夫番記者となる。
1974年読売新聞社を退社し、三木首相(当時)の報道担当秘書及び政務秘書官を務める。その後、ラジオ日本報道部長などを経て、1984年より政治評論家となり、NTV系列「じぱんぐあさ6」「NNNきょうの出来事」でコメンテーター、ニュース解説を担当。現在も幅広い政界人脈を保ち、政局の先読みの鋭さには定評がある。

オンライン書店で見る