日本の執事イメージ史 物語の主役になった執事と執事喫茶

星海社新書
ニホンノシツジイメージシモノガタリノシュヤクニナッタシツジトシツジキッサ
日本の執事イメージ史 物語の主役になった執事と執事喫茶
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

脇役だった執事が主役に――
本書は、「日本の創作における執事のイメージ」が、どのように描かれ、どのように広がり、どのように変化していったのかを考察する、初の通史となる一冊です。様々な漫画・小説・アニメなどの作品中で脇役に過ぎなかった執事が、1990年代からは次第にメインキャラクターとなり、2006年の「執事喫茶」の誕生に代表される「執事ブーム」が生まれ、「執事」のイメージ拡大は顕在化していきました。本書では1990年代から2005年までの執事イメージや作品の増加を「執事トレンド」、2006年以降の主役化作品の急増を「執事ブーム」として切り分け、ブームが生じるまでと生じた後の「日本の執事イメージ」を比較します。
*以下、本書目次より抜粋
私が大好きな「英国執事(butler)」
執事イメージが広がる日本
「執事作品」の増加トレンド
雑誌報道における「執事」
本書が対象とする「執事」とその領域
Chapter01 英国執事と日本の執事
Chapter02 執事トレンド ブーム前夜の執事の低年齢化と主役化
Chapter03 執事ブーム元年 2006年の執事喫茶誕生
Chapter04 執事ブーム1 2006年からの執事作品増加とその広がり
Chapter05 執事ブーム2 ミステリと児童作品の執事
Chapter06 現代の執事イメージ

製品情報

製品名 日本の執事イメージ史 物語の主役になった執事と執事喫茶
著者名 著:久我 真樹
発売日 2018年08月26日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-512388-1
通巻番号 138
判型 新書
ページ数 384ページ
シリーズ 星海社新書

著者紹介

著:久我 真樹(クガ マサキ)

1976年生まれ、東京都出身。英国文化(屋敷・家事使用人)の研究者。2000年頃よりメイドについての研究に取り組み、2010年に講談社から『英国メイドの世界』、2017年に星海社から『日本のメイドカルチャー史』(上)(下)を刊行。名実ともに日本におけるメイド研究の第一人者である。本業は、システム開発(データベース系)、社内SE、ウェブ解析などを経て、現在は外資系企業のウェブプロデューサー。(ツイッターアカウント:@kuga_spqr)

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス