差別の超克 原始仏教と法華経の人間観

講談社学術文庫
サベツノチョウコクゲンシブッキョウトホケキョウノニンゲンカン
  • 電子あり
差別の超克 原始仏教と法華経の人間観
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

「女は成仏できない」(五障)、「女は男に変身することによって成仏できる」(変成男子)――仏教は、女性を蔑視しているのか? 古くて新しいこの疑問を、サンスクリット、漢訳からの豊富な引用と緻密な論で質してゆく。インド思想研究の第一人者が正面から挑んだ、21世紀の「ジェンダー仏教論」。※原本『仏教のなかの男女観――原始仏教から法華経に至るジェンダー平等の思想』(2004年、岩波書店刊)を改題・改稿

製品情報

製品名 差別の超克 原始仏教と法華経の人間観
著者名 著:植木 雅俊
発売日 2018年10月12日
価格 定価 : 本体1,520円(税別)
ISBN 978-4-06-512341-6
通巻番号 2530
判型 A6
ページ数 464ページ
シリーズ 講談社学術文庫
初出 本書は、岩波書店より2004年に刊行された『仏教のなかの男女観――原始仏教から法華経に至るジェンダー平等の思想』を改題、再編集したものです。

オンライン書店で見る