ネット依存・ゲーム依存がよくわかる本

健康ライブラリー
ネットイゾンゲームイゾンガヨクワカルホン
  • 電子あり
ネット依存・ゲーム依存がよくわかる本
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

ひと目でわかるイラスト図解
《講談社 健康ライブラリーイラスト版》

製品情報

製品名 ネット依存・ゲーム依存がよくわかる本
著者名 監:樋口 進
発売日 2018年06月07日
価格 定価 : 本体1,300円(税別)
ISBN 978-4-06-511802-3
判型 B20取
ページ数 102ページ
シリーズ 健康ライブラリーイラスト版

著者紹介

監:樋口 進(ヒグチ ススム)

1954 年生まれ。独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター院長。精神科医。東北大学医学部卒業後、慶應義塾大学医学部精神神経科学教室に入局。のちに国立療養所久里浜病院(現・独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター)へ。同病院の精神科医長や臨床研究部長などを経て現職。専門はネット依存やアルコール依存、ギャンブル依存などの予防・治療・研究。2011年、久里浜医療センターに国内初のネット依存専門外来を設立。WHOの国際疾病分類ICD-11の「ゲーム障害」診断ガイドラインの作成に研究協力。主な著書に『ネット依存症』(PHP研究所)や『アルコール依存症から抜け出す本』(監修、講談社)などがある。

オンライン書店で見る