「アルコール依存症から抜け出す本」既刊・関連作品一覧

  • 電子あり
アルコール依存症から抜け出す本

ひと目でわかるイラスト図解
《講談社 健康ライブラリーイラスト版》

【酒ぐせの悪さ? どこまで飲むと依存症?】
アルコール依存症の疑いのある人は440万人以上。
一般の大酒飲みとは異なり、専門家の手を借りなければ治らない。
本書ではその特徴的な症状や治療法から相談先、医療機関までを詳説。
患者家族に役立つ一冊。全国厳選127医療機関リスト付き。

(まえがきから)
アルコール依存症から抜け出すためには、まず問題を家庭内に閉じ込めないことが大切です。
依存症者本人は、症状を軽視したり否認したりしがちで、周囲から問題を指摘されても、なかなか問題意識がもてません。家族もまた、問題に気づいても、第三者に相談することを躊躇し、自分たちだけで解決しようとする傾向があります。
しかし、そうして問題を抱えたまま家庭に閉じこもると、状況は悪化していきます。アルコール依存症は、専門家の手を借りなければ、なかなか治らない病気です。専門家に相談して、適切な治療を受けることが必要です。

【本書のおもな内容】
《第1章 どこまで飲むと、依存症なのか》
【軽度の依存】Aさん/しばしば悪酔いして記憶を失う
         Bさん/肝機能の数値が悪くなって病院へ
【依存症】Cさん/思っていたより大量に飲んでしまう
      Dさん/依存症と摂食障害を併発した女性
      Eさん/家庭の不和と飲酒が複雑にからみ合う
      Fさん/定年後に自由をもてあまし、酒びたりに
【重度の依存症】Gさん/内臓に障害が起き、命に関わるほどに

《第2章 依存症は酒ぐせではなく病気》
アルコール依存症とは
診断基準
診断の補助
特徴的な症状
関連する症状

《第3章 困ったら、どこに相談するか》
相談する
相談窓口
家族ができること

《第4章 精神療法や薬物療法を受ける》
治療の基本
解毒期の治療
リハビリ期の治療
アフターケア
家族ができること

《アルコール依存症の治療が受けられる医療機関全国版リスト》