行正り香の家作り ヒュッゲなインテリア

ユキマサリカノイエヅクリヒュッゲナインテリア
  • 電子あり
行正り香の家作り ヒュッゲなインテリア
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

デンマーク親善大使に選ばれた行正り香さん。
(2017年日本・デンマーク国交樹立150周年記念)
日本人は「衣食住」と言いますが、デンマーク人にとっては「住・食・衣」。
デンマーク人にとっていちばん大事なのは、どんな家でどう過ごすかということなのです。

デンマークならではの”ヒュッゲ”という言葉は「人と人とを結ぶ、心地よく温かい空間や時間」を意味します。この言葉をキーワードに、行正さんならではの家作りを紹介します。

ヒュッゲに生きる、暮らす

CHAPTER1 心地よい空間を作る
CHAPTER2 インテリアを決めるのは「色」
CHAPTER3 家具はスピリット
CHAPTER4 照明がインテリアを決める
CHAPTER5 家を飾ろう
CHAPTER6 心地よい空間の選び方

製品情報

製品名 行正り香の家作り ヒュッゲなインテリア
著者名 著:行正 り香
発売日 2018年12月14日
価格 定価 : 本体1,600円(税別)
ISBN 978-4-06-513068-1
判型 B5変型
ページ数 128ページ

著者紹介

著:行正 り香(ユキマサ リカ)

行正り香/ゆきまさりか
高校3年生時にアメリカに留学し、カリフォルニア大学バークレー校を卒業。CMプロデューサーとして広告代理店で活躍後、料理家になる。二人の娘と夫の4人暮らし。『だれか来る日のメニュー』(文化出版局)、『19時から作るごはん』『持ちよりパーティーをしよう』『行正り香のインテリア』(弊社刊)ほか著者多数。サントリーのハイボールやアメリカンビーフ協会などテレビや広告等の料理も手掛ける。インテリアにおいてデンマークの魅力を広めることに貢献したとして、2017年に日本・デンマーク国交樹立150周年記念の親善大使に選ばれる。2018年に幼児から大人まで英語の基礎が学べる「カラオケEnglish」をローンチする。

オンライン書店で見る