フランス史

講談社選書メチエ
フランスシ
フランス史
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

フランク王国からミッテラン政権まで、これ一冊で見通せる! 

フランス国内はもとより国外においても定番書として読まれ続けている碩学による通史、平易な訳文による日本語版がついに刊行。メロヴィング朝、カロリング朝、ルネッサンス、絶対王政、革命、世界大戦、第五共和政……一気通貫に見渡し、長大な歴史の要点がわかる! 政治・文化・経済ほかあらゆる面で、日本人の関心を強く引きつづけてきたフランスという国をより深く、明確に知るために必須の、背骨としての歴史を見渡す一冊。こうして、フランスはフランスとなった!

【本書の内容】
第一章   起源
第二章   メロヴィング朝
第三章   カロリング朝
第四章   カペー朝
第五章   カペー朝時代のフランスの諸相
第六章   百年戦争
第七章   近世の夜明け──一四六一~一五一五年
第八章   絶対王政の誕生──一五一五年~五九年
第九章   宗教戦争
第十章   国家の再建──アンリ四世とルイ十三世
第十一章  アンヌ・ドートリシュとマザラン
第十二章  ルイ十四世の内政
第十三章  ルイ十四世の外交政策
第十四章  ルイ十五世の治世──一七一五~七四年
第十五章  ルイ十六世とアンシャン・レジームの危機
第十六章  革 命──王政の崩壊
第十七章  フランス革命と第一共和政
第十八章  ナポレオン
第十九章  立憲王政
第二十章  第二共和政
第二十一章 第二帝政──内政
第二十二章 第二帝政──外交
第二十三章 第三共和政──保守党から急進社会党へ
第二十四章 第一次世界大戦
第二十五章 両大戦間の第三共和政──一九一九~三九年
第二十六章 第二次世界大戦
第二十七章 第四共和政
第二十八章 第五共和政
第二十九章 フランソワ・ミッテランの治世──一九八一~九五
監訳者あとがき(鹿島茂)
 

製品情報

製品名 フランス史
著者名 著:ギヨーム・ド・ベルティエ・ド・ソヴィニー 監・訳:鹿島 茂 訳:楠瀬 正浩
発売日 2019年04月12日
価格 定価 : 本体3,150円(税別)
ISBN 978-4-06-515029-0
通巻番号 697
判型 四六
ページ数 672ページ
シリーズ 講談社選書メチエ

著者紹介

著:ギヨーム・ド・ベルティエ・ド・ソヴィニー(ギヨーム・ド・ベルティエ・ド・ソヴィニー)

ギヨーム・ド・ベルティエ・ド・ソヴィニー(Guillaume de Bertier de Sauvigny)
1912年生まれ。哲学バカロレア取得後、パリ大学文学部や聖ヨハネ・ウード会修道院にて学び、その後は同修道会の在俗司祭となる。リセ教員、従軍司祭などを務めたのち、戦後は一九四八年よりパリ・カトリック学院の歴史教授に就任(1977年まで)。パリ大学文学部より博士号。主な著書は、本書のほか、La Restauration, 1815-1830 (Hachette, 1977)(『王政復古期』未邦訳)、Metternich (Fayard, 1986)(『メッテルニヒ』未邦訳)などがある。2004年逝去。

監・訳:鹿島 茂(カシマ シゲル)

鹿島茂(かしま・しげる)
1949生まれ。東京大学大学院人文科学研究科博士課程単位取得満期退学。現在、明治大学教授。19世紀フランスの社会・小説が専門。代表作に『馬車が買いたい!』(サントリー学芸賞、白水社)、『子供より古書が大事と思いたい』(講談社エッセイ賞、青土社)など多数。

訳:楠瀬 正浩(クスノセ マサヒロ)

楠瀬正浩(くすのせ・まさひろ)
1947年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科仏語仏文学博士課程単位取得満期中退。1970年、1978年パリ大学留学。フランス語、イタリア語非常勤講師。訳書に『幻想の過去――20世紀の全体主義』(フランソワ・フュレ著、バジリコ)がある。

オンライン書店で見る

ネット書店
  • Amazon
  • e-hon
  • HMV&BOOKS online
  • 紀伊國屋書店
  • セブンネットショッピング
  • TSUTAYA ONLINE
  • honto
  • Honya Club
  • 楽天ブックス