ギリシア・ローマ神話を知れば英語はもっと上達する

ギリシアローマシンワヲシレバエイゴハモットジョウタツスル
  • 電子あり
ギリシア・ローマ神話を知れば英語はもっと上達する
自分メモ
気になった本やコミックの情報を自分に送れます

内容紹介

英米人の心を理解し、かつ、英語の勉強に不可欠なのは聖書、シェイクスピア、そしてギリシャ・ローマ神話です。欧米の一般教養であるため、図書館や書店には必ずギリシャ・ローマ神話のコーナーがあるくらいです。また、欧米人は子どもの頃から物語に慣れ親しんでいます。このような背景から、神々や英雄の名前、ゆかりの場所などを引用するだけで意味がすぐに伝達され、話の全体像が伝わります。。


 英米人の心を理解し、かつ、英語の勉強に不可欠なのは聖書、シェイクスピア、そしてギリシア・ローマ神話です。
今までに聖書とシェイクスピアを通して英語の理解を深める話題作を展開してきた西森さんですが、いよいよ今度の作品は「ギリシア・ローマ神話」篇です。
 欧米の一般教養であるため、図書館や書店には必ずギリシア・ローマ神話のコーナーがあるくらいです。また、欧米人は子どもの頃から物語に慣れ親しんでいます。このような背景から、神々や英雄の名前、ゆかりの場所などを引用するだけで意味がすぐに伝達され、話の全体像が伝わります。逆に、それを知らなければ話の真の意味がわからず、置いてきぼりになってしまいます。
 本書では主な神々・英雄・場所などを取り上げ、ストーリーや意味を紹介しつつ、わかりやすい解説を加えます。また、実際に英米の新聞やテレビ、雑誌などで使われた例をふんだんに挙げ、会話で応用する例も提示します。

目次

  • 第1章 神々の章
  •  ゼウス、ヘラ、アポロン、ポセイドン、アフロディーテ、ペルセポネー、プロメテウス など
  • 第2章 英雄の章
  •  ヘラクレス、アキレス、テセウス など
  • 第3章 怪物と有名キャラの章
  •  セイレーン、ケンタウロス、メドゥーサ、カサンドラ、スピンクス、ミダス王 など
  • 第4章 ゆかりのものの章
  •  パンドラの箱、トロイの木馬、アリアドネの糸 など

製品情報

製品名 ギリシア・ローマ神話を知れば英語はもっと上達する
著者名 著:西森 マリー
発売日 2017年06月23日
価格 定価 : 本体1,500円(税別)
ISBN 978-4-06-295263-7
判型 四六
ページ数 232ページ
シリーズ 講談社パワー・イングリッシュ

著者紹介

著:西森 マリー(ニシモリ マリー)

ジャーナリスト。エジプトのカイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989~1994年、テレビ朝日系「CNNモーニング」でアンカーを務めたほか、NHK「英会話I」の講師、NHK海外向け英語放送のDJなどを務める。1994年にヨーロッパに移住、1998年からはアメリカに拠点を移し、大統領選挙の取材などに力を入れている。現在ボストン在住。
ジャーナリスト。エジプトのカイロ大学で比較言語心理学を専攻。1989~1994年、テレビ朝日系「CNNモーニング」でアンカーを務めたほか、NHK「英会話I」の講師、NHK海外向け英語放送のDJなどを務める。1994年にヨーロッパに移住、1998年からはアメリカに拠点を移し、大統領選挙の取材などに力を入れている。主な著書に『レッドステーツの真実―アメリカの知られざる実像に迫る』(研究社)、『ドナルド・トランプはなぜ大統領になれたのか? アメリカを蝕むリベラル・エリートの真実』『聖書をわかれば英語はもっとわかる』『世界のエリートがみんな使っているシェイクスピアの英語』(ともに講談社)など、多数ある。

オンライン書店で見る